スチーム掃除に向いている場所

私が使った、スチームクリーナーでおすすめ1位の機種はこちら
使ってみた感想は、スチームファースト 口コミ活用日記 スチームクリーナーは、キャニスターがおすすめ
日記形式で、紹介しています。

スチームクリーナーで掃除出来る場所

どんな場所で、スチームクリーナーって使えるの?
そういった質問も多いです。

 

 

熱で汚れが浮かすことができれば、どんな場所でも使えます。
熱に弱いところでは、当てる時間をコントロールして、汚れを取ります。

 

キッチンや水廻りの油、焦げ付き

 

あなたの家で油が付着しているところは、どんな場所か思い浮かべてみて下さい。

 

台所の換気扇やコンロを思い浮かべますね。
電子レンジの中やオーブン内の汚れ・パン焼きの内部なども、ついつい溜まっていきますね。
IHガラストップの表面やコンロのステンレス皿や五徳なども、ひどくならないうちにお手入れしておきましょう。

 

 

そして台所などでよく使用している写真がありますが、私が使ってみ見て思うのは、壁とか換気扇の本体やフード内部など、取り外しが効かない場所に便利です。取り外せるものは、外して洗剤を張ったお湯に漬け込んでおくほうが汚れ落ちはいいです。

 

あとステンレスの水切棚などが、キッチンの蛇口の上とかに壁に取り付けてあると思うんですが、その付け根のあたりの凹凸で入り組んでいる所や、IHクッキングヒーターの一番壁際の排気口の周辺のフタの網とか、流しの左右に置くステンレスの板の裏とかシステムキッチンの扉の取っ手の付け根や裏など。
またガスバーナーの周辺のこびりつきなどにも有効です。
拭いても取れにくい、凹凸があって歯ブラシが届きにくい。
そういった場所にナイロンブラシや真鍮ブラシを使って擦ってみてください。
今まで諦めていた箇所の汚れが浮いてくると思います。

 

 

布パットを装着して、焦げなども軽い部分は除去できます。
ひどい部分は、スチールウールやステンレスたわしを絡ませて、焦げなどを除去できます。それでも除去出来ない場合は、カッターの刃で削ることで、除去できます。但しかなりひどくなったガラス面は、なかなか頑固です。取れないからといって真鍮ブラシで擦りすぎると傷がつくことがあります。

 

車の足回りやエンジンルーム内なども、油が付着して埃がついて汚くなっていると思います。
そういった場所は、歯ブラシや真鍮ブラシとマジックリンと水などで汚れを取ることもできますが、スチームクリーナーなら一瞬で汚れが浮いてくると思います。

 

自転車のリム周辺やバイクでも応用が効くと思いますのでやってみてください。
ただ外の場合、コンセントが必要なので近くにコンセントがない場合、延長コードも必要です。

 

キッチンやお風呂の排水口・蛇口周りなどのぬめりも、熱で一掃できます。除菌も兼ねますので、再度ヌメリが発生する時期が延びます。

 

蛇口の根元など白い汚れは、お酢などを垂らしてスチームを当てると反応して取れやすくなります。
諦めかけていたタイルの目地の油も、高温の蒸気で溶かしますので、スッキリ仕上がります。

 

 

お風呂・トイレの水垢やカビ

 

お風呂はカビ、台所は油汚れ。どちらも熱によって除去できます。
カビは浸透してカビ取り剤で取れないものは、蒸気でも難しいかもしれませんが、カビ取りを塗ってスチームを当てるのも効果的かもしれません。
ただ当てる時周囲にカビ取りが飛び散らないように、いらないぞうきんで覆った上から当てるといいです。ぞうきんは漂白されるのでいらないものを使ってください。

 

トイレに関しては、便座周囲や便器の返しの部分など、簡単に除菌洗浄できます。
尿石除去では私は使ったことがないのですが、酸性の洗剤(サンポールなど)を塗布しておいて時間を置いてスチームの出るブラシでこすると効果的だと思います。
その際ブラシは別途購入しておき、キッチンとは別のトイレ専用ブラシを用意しておきましょう。

 

車のシート・ソファーの染み抜き

 

丸洗いできない、車のシートや応接間の椅子など、シミ汚れを浮かせて、布パットに汚れを付着させ、シミ抜き作業が行えます。
付属のパットが小さいので、できれば片手に乾いた雑巾を持っておき、スチームを当てたあとそのウエスで水分と一緒に汚れを付着させます。
すすぎ不要の洗剤(例スチームマジック等)も併用すれば、汚れ落ちも良くて洗剤分も残らずスッキリ仕上がります。

このような事務椅子の布部分の掃除ができます。
車のシートや椅子などで、革張りの場合は、スチームは控えたほうがいいでしょう。

 

 

ほかにもいろんなアタッチメントを交換して、窓やキッチン・風呂・ビニールクロス壁面・フローリング床の除菌などを、場所に合わせた洗い方で掃除できます。

 

ぬいぐるみや家具の掃除

 


人気のリラックマもクリーニング

 

スチームクリーナーで目に見えて汚れが落ちるというわけではないですが、日頃のお手入れに、除菌をかねてお掃除できます。うまくできるとフカフカになります。先日もアイリスのボイラー型で娘の枕にスチームを当てて見たんですが、フカフカになって喜んでいました。汚れも結構ついてきました。

 

頑固な汚れを取りたければ、洗濯用洗剤を薄めたスプレーを作り、前もってぬいぐるみ表面に散布し、一度濡れたタオルで拭き取ります。その後布パットを付けた、スチームクリーナーの熱で汚れを浮かし、乾いたタオルで水分をタオルの方に移すように拭き取ります。汚れもいっしょにタオルの方へ移ってきます。

 

最初に取れなかった汚れが、乾いたタオルに付着してきます。空拭きタオルは常にきれいな部分で拭くようにします。
※ぬいぐるみは、繊維によってはゴワゴワになったり色落ちすることがあるので、目立たないところでテストしながら行ってください。

 


コリラックマもスチームで。

 

万が一ゴワゴワになったら、柔軟剤(ソフラン・ハミングなど)を入れたタライなどに入れ、少しの時間漬け込み、絞って干してください。
洗濯機で洗うと型崩れし易いので手洗いか、軽い汚れは日頃スチームクリーナーで手入れしておきましょう。

 

常に手入れしておきお子様にきれいなぬいぐるみで遊んでほしいですね。

 

他にも部屋のあちこちの掃除ができます

 

 

また部屋の中の色んな所の掃除が楽しくなります。
うちでも勝手に子供があちこち掃除してました。

 


家具の表面や

ガラスや扉

カーテンレールやカーテンそのものを吊ったまま掃除

ビニールクロス(壁)

 

なども、普通に拭くよりスッキリお掃除できます。

 

衣類のシワ伸ばしなども、スーツとかハンガーに掛けたままで、スチームを当てるとシワが伸びます。

 

 

以上いろんな場所でスチームクリーナーを使うことができます。
もしかしたら、こんなところにも便利だ!とあなたが発見するかもしれません。
ここで使ったらよかった!という感想がありましたら、教えていただければ嬉しいです!(笑)

 

色んな所で試してみてください。

 

 

選び方ののヒント関連記事

 

購入後の使いかたのヒント