アイリスオーヤマ スチームクリーナーSTM-304 口コミ

私が使った、スチームクリーナーでおすすめ1位の機種はこちら
使ってみた感想は、スチームファースト 口コミ活用日記 スチームクリーナーは、キャニスターがおすすめ
日記形式で、紹介しています。

アイリスオーヤマ スチームクリーナーSTM-304 口コミ

アイリスオーヤマのSTM-304Wという機種を使ってみました。
購入してしばらく経過(平成25年の年末)してるので、仕様なやオプションの在庫など変わっているかもしれません。平成26年9月現在も販売中です。

 

現在はこの時点とセット内容が少し変更になっています。
が、基本的なオプションは一緒です。少しだけオプションが変わっています。たぶん私が購入したものより今のほうが売れているのだと思います。(収納するボックスが今は付属しているのでその方がいいと思います)、雰囲気は伝わると思いますので、今年の年末の参考にしてみてください。

 

このスチームクリーナーは、アイリスプラザが取り扱っています。

 

アイリスプラザのスチームクリーナーのページ

 

ちょっとページが長いのですいません。YouTuberのように動画にすれば簡単なんでしょうけど。。あんなにうまく喋れるなんて羨ましいです。。
では、行きます。

 

 

この本体に別途、いろんなアタッチメントを購入。これだけでも十分使えますが、用途によっていろんな別売りの、部品が付いています。セット商品のほうが単体で各々部品を買うより安いです。

 

 

真鍮ブラシとナイロンブラシ・コーナーブラシのセット
油汚れセットというらしい。ナイロンブラシだけ3つ、真鍮ブラシだけ3つという別売りオプションも有ります。

 

 

私が購入した時は以上がセットになっていましたが、今はRVBOXというケースが付いています。
本体を収納しておける入れ物です。どちらかと言うとケースのほうが役に立ちます。
アイリスの場合、商品に自社のケースをセットにて販売するパターンがよくあります。
ケースの製造が本業(プラスチック製品の開発、販売)なので、ケースを追加できるのだと思います。他社にケース付きなどありません。

 

 

換気扇セットというブラシとそれにかぶせる布3つ
換気扇の羽根など狭いスペースを掃除するのに適しています、
ブラシのままでも使えますし、布(マイクロファイバー)をかぶせて拭き取りにも使えます。
ブラシ布をかぶせるので、洗う面にフィットして、汚れを落としやすいです。

 

 

何故か2つ注文していたので、泣;
ガラスを拭き掃除するパーツ。
フラットノズル本体と窓用マイクロファイバー、マイクロファイバー毛足ショートの専用カバーがセットになっています。
窓用マイクロファイバーの専用カバーで窓ガラス掃除、マイクロファイバー毛足ショートの専用カバーで洗面台の除菌や清掃に最適。だそうです。
広い平面などを一度にスチームを当てていけます。
はじめはシャークスチームポータブルで同じような形のパットが出ました。それを参考に作ったのだと思います。

 

 

 


これね。

 

 

洗剤かな?。

 

 

油汚れ用でした。通常はお湯だけでも汚れとりできますが、頑固な汚れの場合、洗剤も併用すると、すっきりします。
他には重曹とかクエン酸なども使い分けると、たいていの汚れは浮かすことができます。

 


よく使いそうなアタッチメント全て買ってみました。

 

トイレブラシ
すきまブラシ
L型ブラシ
ひと通り注文してみました。
どうしても無くてはならないというものでもないですが、ひと通り使ってみることにしました。

 

 

説明書 紛失したらネットでもダウンロードできます。
ダウンロードはこちら→530081.pdf

 

 

ガイドブック けっこう役に立ちます。

 

 

コンパクトノズル、布をかぶせて拭き掃除に使う

 

 

じょうご。水を注ぐにに使う。

 

 

ブラシ。色分けされているので、トイレ用とか分けて使える。
もっと赤緑黄とかはっきり色分けしてくれたほうがいいような。

 

 

アングルノズルと言って、吹き飛ばし?に使う。トイレのかえしにも良さそう。

 

 

メジャーカップ

 

 

コンパクトノズルにつける布(マイクロファイバークロス)らしいんですが。。

 


裏返すとこれ。

 

 

なかなかかぶせれずに苦戦。

 

 

きつきつ!大丈夫?

 

 

やっとのことなんとか無理矢理入ったけどいいのかな?(笑)
でもこれしか該当する布ないから、たぶんOKでしょう。
ソファーの染み抜き、カーテンの消臭・除菌などでも効果的。
キッチンの壁など広いところに便利。

 

 

先ほどまとめて紹介して物の一つ、すきまや目地などにいいらしい。
実際使ってみましたが、もう少しブラシが硬ければ、頑固な汚れも落とせそうですが。

 

 

換気扇の羽根などの掃除に。さっきのコンパクトノズルでも行けそうな気が。。
特になくてもいいかな?

 

 

トイレの返しを掃除するブラシ 他社には見たこと無い。
さっき紹介したアングルノズルで、サッシブラシを併用すれば、なくてもいいかも?

 

 

油よごれがひどいときに使う洗剤も買ってみた。他の水回り用、部屋掃除用があります。

 

 

基本ブラシ(ナイロンは、3本)セットに入っていますが、これを買うと真鍮とコーナーブラシが手に入る。
真鍮だけでも3個セットというのがあるので、嬉しい。

 

 

これも他社にないブラシ。きっちいんの排水口の底や風呂の排水口などでも使える。
なるほどL字型は、いい感じ。排水口の底の部分やポットの底などの汚れに困っている方には、役に立つかな?

 

 

 

 

それぞれブラシの装着方法や使い方を確認。なるほど。
このセットには、説明にあるストレートノズルはついていないが、別途購入したら使えるようです。
ただ無くても、ブラシなどは全て装着できます。
現在のセット26年9月現在もストレートノズルは、下位機種に標準でついているノズルです。

 

 

じゃあ水を入れてみましょう。本体上のグレーのキャップを反時計回りに緩めると開きます。
お湯が湧いて、掃除して水がなくなった時点で、ボイラーが熱いと、このキャップは安全弁になっていて、冷めるまで緩めれないようになっています。

 

 

付属のメジャーカップで300ミリリットル入ります

 

 

こぼさないように

 


内部が暑くなった緩まない安全キャップ

 

蓋をして

 

 

電源投入でランプ赤。電源も別途このようにあるので、チャイルドロックと2段構えで安全性を追求。

 

 

5分くらいでランプがグリーンになる。

 

 

ノズルにはチャイルドロックがあって、子供が握っても勝手に噴射しない構造。スライド出来るボタンがロックボタン。黄色いポッチを押しながらスライドする。大きい黄色いボタンが噴射ボタン。
つけてるノズルはトイレ用です。

 

 

トイレのノズルを外して、スティクノズルという棒状のアタッチメントを装着。
黄色の先の尖った、マイクロファイバーパットをスティックノズルにかぶせて、※別途購入要 噴射。いい感じ。
黄色いパットは布の表面のマイクロファイバーが薄いので、早く熱が伝わる。
熱の効果を発揮したい時は、こちらのクロスを使うほうがいいとのこと。

 

 

イボイボ※別途購入要 も装着したらこんな感じ。照明器具の上とか埃を絡めとるのに向いている。
熱もスティックより柔らかく伝わるので、あまり強く熱を与えたくないときにイボ。使う。

 

 

こんな扉とか。SUSU(スースー)というお風呂の足ふきマットの素材と一緒です。

 

 

洗濯機の上の埃とか

 

 

柱の表面とか

 

 

カーテンレールの上とかの埃を絡めとりたい掃除に便利です。
ただあまりにホコリが多いと、イボイボがホコリだらけになって、埃が落下するので、もし可能なら事前に掃除機で吸っておいて、汚れだけ吸着するようにすればいいでしょうね。

 

 

さて、次はコンロ。汚れてます。とくにコンロのうしろ。ちょっとしなかったらこんな感じ、嫌ですね。ふだんの掃除、手が届きにくいので、食材が飛んだらそのままになって、汚れが落ちにくくなります。

 

 

換気扇にいいとのことで、これを取り付けましたが。。
勢い良くスチームが噴射。

 

 

このアタッチメント、タイルとかきれいならOK 。ひどくなると、ブラシ系がいいです。

 

 

こんなところも大丈夫。

 

 

ん?

 

 

油がまとわりついてきました。ひどいところは、こうなったら先端をお湯で濯いで繰り返すか、新しいパットに変えるか?これくらい広い面積の掃除になると、最初布パットでざっくりとスチームで油を落としてやって、そのあと目地をブラシで擦って常にタオルのきれいな部分に変えて拭き取るのが一番と思いました。

 

 

なので、今度は真鍮ブラシでやってみました。。

 

 

洗剤も併用です。

 

 

いい感じです。油が溶けていきます。

 

 

中性洗剤をコップに溶いてそれで、ブラシをすすぎながら、おこなうと、ブラシに付いた油が、他のところへ回るのを極力抑えられ、常に状態のいいブラシの先で掃除ができます。

 

 

アングルノズルは、どんなときに使うのか?と思ったら、これはトイレの返しとかにもいいんですね。吹き飛ばしにも使える。
ただトイレを擦るにはL型のブラシがオススメ。

 

 

さすがボイラー型。強力です。

 

 

アタッチメントを付けずに布をかぶせてこうやって目地を擦るのもいいです。

 

 

すみっこブラシというのを使ったんですが、これはちょっと毛がやわらかすぎる気が。
こびりついた汚れにはダメです。

 

 

これね。

 

 

油でコテッとしてきたら、洗剤につけて、もみ洗い。

 

 

こんなのも併用して

 

 

一気に擦りましょう。点々とついている油の塊は、スチームをピンポイントに当てる。

 

 

しつこい汚れの五徳は真鍮ブラシで。ひどく固まっている場合は、あらかじめカッターの刃などで、削っておくほうがいいです。
汚れが分厚いと、いくらスチームでも焦げの中に熱が入っていかないので、大変です。

 

 

元々ステンレスが錆びていたので、サビは取れませんがすっきりしました。

 

 

コンロもついでに。手の触る廻りなど手垢は一発で落ちます。

 

 

五徳もブラシを交換しながら。。

 

 

見えないところは2.3ヶ月に1回できればいいですね。
見えるところは、週一回スチームで。
完璧です。

 

 

コンロ本体も。

 

 

シューッ!

 

 

吹き付けて拭き取りを繰り返して

 

 

細かいところも念入りに。

 

 

古いのでこんなものかな?

 

 

全体的にすっきりしました。
掃除している時間は、30分ぐらいで水は追加していません。
物移動や準備も含めると1時間位だと思います。

 

 

 

 

使ってみた感想

 

お風呂やトイレの掃除やガラス掃除も実況したかったんですが、あまりに長くなるのでこのへんにしておきます。
でもトイレやお風呂の腰から下の汚れには、かなり力を発揮します。

 

ガラスに関しては、サッシの汚れににはいいと思いますが、ガラス面は自分で拭くかな?
網戸は外してできない人にはいいかもしれません。

 

スチームの掃除は、ブラシの動かし方を早くしたり
ゆっくり動かして、熱を集中的に与えたり
その場所毎に、使い方やアタッチメントを変えるのが、面白いですね。

 

乾いたタオルと濡れたタオルは、多めに用意して、汚れたら取り替えていきましょう。

 

途中で布カバーが油で固まりましたが、そういった部分が気に入らない方がいるんでしょうね。

 

 

ブラシの先端を濯ぐ用のカップを用意しておくといいです。
洗剤は、お湯に溶いておくほうがすすぎがスムーズです。

 

ふだんの掃除にスチームを使っていれば、お湯だけで十分です。

 

油を拭き取る面積が小さかったり、油がついたところで、再度油の塊を拭き取ろうとすると、ダマになりやすいので、私のようにアタッチメントの先を濯ぐか、複数用意しておいて交換しながら行なうといいです。

 

 

もし興味がある方は、公式販売ページをチェックしてみてください。

 

アイリスプラザのスチームクリーナーのページ

 

 

私が購入した本体の最新セットモデルは、こちらです。

 

 

スチームクリーナー キッチン油汚れお掃除セット STM-304PK ホワイト【アイリスプラザオリジナル】

 

 

年末のキッチンの掃除を楽しくできればいいですね。