スチームクリーナー キッチン

私が使った、スチームクリーナーでおすすめ1位の機種はこちら
使ってみた感想は、スチームファースト 口コミ活用日記 スチームクリーナーは、キャニスターがおすすめ
日記形式で、紹介しています。

水廻りの掃除で箇所によっての使い方は?

 

キッチンの汚れ

 

 

返しの油がたまりやすいところなど、屋根の下の角の部分や手前の角など拭き取りだけではなかなかスッキリしませんが、スチームで取れきれなかった油を溶かすと、あとは、タオルにその溶けた汚れを付着させていくだけで油を取ることができます。

 

油がたくさん溜まり過ぎの場合、すぐブラシが団子状態になるので事前にヘラなどで、油の固まりなどこそげ落としたり、ねっとりした油など新聞紙に取っておいてください。
中性洗剤やひどい場合はマジックリン(アルカリ洗剤)を併用するのもいいかもしれません。

 

 

レンジ台の周囲の壁面など点々と油が飛んで拭くだけでは油が硬くて、なかなか除去できない。
要らなくなったテレホンカードやヘラなどで、こすり落としながらスチームをかけてみてください。

 

一番大変な換気扇廻りですが

 

 

シロッコファンの中がこれくらい汚れていたら、さいしょにヘラなどで周囲を削って置いたほうがいいです。それか、セスキ炭酸ソーダなどの希釈液を塗って放置したあと、スチームの出番です。

 

 

網や、ファンはどちらかと言うと、漬け置きのほうがおすすめ。
スチームだと取れた汚れがすぐ拭き取れないので、固まってきたりして、苦労します。
セスキの溶液に汚れの度合にもよりますが、10分くらい漬け込んで
引き上げてみてください。
※漬け込み過ぎに注意。油で塗装が浮いている場合、確実に塗装が剥がれます。

 

 

 

ファンの周囲などは、スチームがオススメ。取れてますね。

 

 

こういった溝の隅にたまった油など、ふだんの掃除で取れないので、熱で浮かして、竹串などをを布に包んで、浮いた油を移していってください。

 

 

すっきりしていると思います。
とくに、内部の壁面などは、スチームクリーナーがかなり有効です。

 

 

こういったシステムキッチンの扉の表面も、意外と汚れていることに気付かされます。

 


スチームクリーナーの良い所は

このような、段差に貯まった油汚れを

簡単に浮かせることが出来ることです。

全体的にベタつきがスッキリしています。
五徳の凹凸部分は真鍮ブラシで可能です。

子供も遊び感覚で掃除してくれてます。(笑)

全体的にべたついていたコンロが

スッキリ明るくサラっとしています。

 

 

タイルの目地の油は、できれば事前に、マジックリンなどをかけながら、竹串などでこさげておき、しばらく時間を置いて放置して、スチームクリーナーの先端にナイロンブラシをつけて擦ってみてください。
この場合真鍮ブラシは、タイルの目地が黒くなることがあるので、使用を控えるか、汚れが酷い段階では、最初真鍮を使い目地の地が出てきて汚れが軽くなってきたら、ナイロンブラシに切り替え仕上げると綺麗にスッキリさせることができます。

 

五徳の表面

五徳の表面の掃除ですが、けっこうひどくなると頑固です。

 

 

ひどくなった五徳の焦げは、そのままスチームだけでは、難しいと思います。
上の3つ口コンロの時は、油が結構固まっていましたが、五徳自体が細く、汚れが取れやすかったです。

 

 

しかし、このタイプは表面の平らな部分が多く、焦げが層になってくると、スチームでも大変です。
焦げ自体がスチームだけでは、反応しにくいからです。

 

先端につけるブラシを真鍮のものに変えてやってみる。※ケルヒャーやアイリスの場合オプションで販売されています。※スチームクリーナー使い方のコツ のページに動画あり

 

事前にカッターナイフのようなもので、黒い汚れをこそげておく。完全でなくても薄くしておく。
焦げを薄くしておけば、仕上げにスチームで、残った焦げとベタつきが落としやすいです。

 

スチームでも無理な場合は、鍋に水を入れ沸かし、その中に重曹を振り入れ五徳を煮洗いすれば、はがしやすくなります。
この場合、要らなくなった鍋を掃除用に置いておけば重宝します。

 

スチームを当てて、中性洗剤を含ませたメラミンスポンジなどで、汚れが柔らかいうちにこするのも有効です。

 

蛇口の周りの白いカルシウム汚れ

 


蛇口周辺やシンクのワークトップなどに白いモヤモヤがついていることがあります。
これもいったん付いてしまうと、なかなか取れにくい汚れです。
その場合は、クエン酸を水に溶いて蛇口周りに塗って15分くらい放置して、そのあとスチームクリーナーのブラシを使って擦ってみてください。

 

熱の作用で、酸が効いて、薄くなっていくと思います。
クエン酸はそんなに強いものではないので、取れにくい場合は何度か繰り返しやっていくと薄くなってくると思います。
試してみてください。

 

アマゾン クエン酸 

 

電子レンジ内部・トースターの中の汚れ

 

 

なかなか掃除がしにくいのが、レンジの内部や魚焼きグリルの中の汚れ。

 

 

 

魚焼きに関しては、汚れが炭化して焼き付いているので、真鍮でこするか、セスキ炭酸ソーダなどを湿布して時間を置いたあとスチームを当ててみてください。

 

 

電子レンジの内部はゆっくりスチームを当て対象面が温まってからこすります。

 

なかなか汚れが取れない場合は、まずコップに水を入れて、水を温めます。
そして沸騰近くなったら止めてしばらく放置して、レンジ内を蒸らします。
見た目が沸騰していなくても、扉を開けた途端沸騰し始めることがあるので、注意。

 

金属製の内部なら真鍮ブラシで擦るのがが有効ですが、プラスチック部分があれば(扉の内側の縁など)傷になります。
頑固な部分を重曹をペースト状にして塗りつけてスチームがいいかもしません。

 

壁面がパンチングメタルになっている部分には、液体を入れない方がいいです。

 


パンチングメタル

 

なので、そういった場所は、ブラシではなく布パットをゆっくり動かして、熱で汚れを浮かせます。

 

 

軽い汚れのうちに常にスチームなどで手入れしていると、いつまでも綺麗に保てます。
コンロの魚焼きグリルも一緒ですが、あまり汚れを放置しないでその都度、スチームで汚れの軽いうちに、拭き掃除しておくのがおすすめです。

 

 

ここまで焦げ付いた、トースターの皿部分でも、真鍮ブラシでここまで綺麗になります。

 

 

水切り棚・3角コーナー・排水口のヌメリ・汚れ

 


通気性もいいのでヌメリがつきにくい、アマゾンでベストセラーの三角コーナー
水切りスタンド 三角 ステンレス K-719

 

 

三角コーナーは、すぐに裏側などヌメリなどが出てきます。
しかしスチームで洗浄すると汚れ落ちも早い(網の目の中まですっきりする)し、汚れる速度も遅くなる気がします。
菌が死滅するからでしょうね。
上のような製品なら、スチームでの掃除もしやすく、すぐ汚れを取ることができて、常に清潔さを保てます。
プラスチックのよくある三角コーナーはヌメリが発生しやすいのでスチームで定期的に除菌しましょう。

 

 


このような排水口のかごもヌメリやすいです。プラスチックの場合はヌメりやすいので、このようなステンレス製に交換するのもいいです。

 

 

お風呂の汚れにスチームを使う

 

風呂の壁下やエプロン表面などの水垢・石けんカスは、ある程度除去できますが、お湯だけでは汚れが分解しにくくて、全ての汚れをお湯が弾いて、汚れを溶かすことができないでしょう。
事前に風呂用洗剤などでシップしたあと、マイクロファイバーの布パットで水垢をこすり落としてください。
タイルの目地のカビは、軽ければ除去できますが、色素を漂白するわけではありませんので、黒いカビの色は取れません。

 

しかし熱によって菌は死んでいるので、カビの増殖する時期を遅らせることはできます。

 

 

カラリ床やソフトカラリ床の掃除で困っている方も多いと思いますが、はじめから真鍮ブラシは使わずに、ナイロンブラシを使ってください。
風呂用洗剤を撒いて、キッチン、ペーパーなどで置いてしばらく蒸らして、ナイロンブラシでスチームを出しながらこすってみてください。

 

汚れが取れたところだけ、元の床の色が蘇ってくると思います。

 

エプロン(浴槽の手前の縦面)やお風呂の壁面の下の方の表面は、前もってバスマジックリンなどを散布して、ティッシュなどでシップし石けんカスや水垢をふやかしてください。
1時間位放置して、スチームを当ててみてください。

 

そのまま熱を与えたり、洗剤をかけるだけで擦るより、格段に汚れの落ちが違います。
汚れに厚みがあれば、スッキリ全てが取れきれないでしょう。

 

この方法なら
一瞬にして汚れが溶けてツルツルになります。

 

洗剤が当たっていないところは、汚れ落ちが悪くなるので洗剤散布時、洗剤の塗り残しがないようにきっちり散布・塗布します。
塗るだけでなく、荒いスポンジなどで、汚れの表面を荒らす感じで洗剤をすり込むように塗布していきます。

 

お風呂の掃除には、スポンジアタッチメントがついているスチームファーストがお勧めです。

 

 

トイレの掃除

 

トイレにスチームクリーナーを使うとすれば、どの部分に使うと便利でしょうか?
実は、トイレの掃除にスチームクリーナーは、かなりお勧めです。

 

尿の飛散や汚物の汚れなど、全体的に汚れが目立つ場所です。
除菌しながら掃除してみましょう。

 

 

簡単ですが掃除箇所をチェックしてみましょう。

 

1番のタンクの上の手洗いの場所、石鹸カスやブルーレットの汚れなど、艶がなくなっていることも多いです。
また金属の水道パイプ(厳密にメッキですが)と陶器のタンクの蓋との境など黒ずみがあるかもしれません。
お風呂の石鹸カスなどを除去できる洗剤や白いモヤモヤにはクエン酸などを塗っておいて、時間を置いてスチームを当てながら、ナイロンたわしでこすってみてください。
かなり綺麗になると思います。

 

2番のウォシュレットの本体は、たいてい本体の右横のボタンを押すと本体ごと外れますので、外れたところの便器とか、ウォシュレット本体の裏側など尿石で汚れていると思いますので、トイレ用洗剤(中性)をかけて、スチームで汚れを浮かせると良いです。

 

3番 ウォシュレットのフタや便器の返しの裏など、は、ウォシュレット自体は、付属の布パットで拭きながら除菌していきます。
便器の中は、サンポールなど酸性洗剤をふりかけておき(とくに返し部分)ブラシを付けて、こすっていきます。
トイレ専用でつかう用のブラシを用意しておくほうがいいです。ブラシはたいてい色分けして売っているので区別できます。
この辺りは、臭いの発生源です。念入りに掃除しましょう。

 

4番 壁面もスチームで綺麗にできますが、長時間当ててしまうと、クロスが剥がれるので状況を見て行ってください。
点々とついた汚れ、飛び散りなどは、スチームを少し布で当てたあと、歯ブラシでこすり落としたほうが早い場合があります。
腰から下はけっこう壁面が汚れていると思います。壁はけっこうニオイのもとになっていることもあるので、掃除するとおさまる場合があります。

 

5番 前もって、この辺りや裏の方は、掃除機を当てておくと作業が楽です。
便器のネジや床と便器の境など拭き掃除では諦めていた場所がすっきり片付きます。

 

6番 最後に床。きれいな平面パットに変えて拭いていきます。この場合もゴミが多い場合は事前に、乾いているうちに掃除機でゴミを取っておきます。

 

これであなたのトイレもピッカピカになると思います。

 

 

 

スチームクリーナー使い方のコツも参考にしてみてください。

 

 

購入後の使いかたのヒント