スチームクリーナー 使い方 コツ

私が使った、スチームクリーナーでおすすめ1位の機種はこちら
使ってみた感想は、スチームファースト 口コミ活用日記 スチームクリーナーは、キャニスターがおすすめ
日記形式で、紹介しています。

スチームクリーナーの使い方のヒント

このページに来られたあなたは、

 

  • スチームクリーナーとはなにか?
  • 今後スチームクリーナーを購入予定で、いろいろ調べている。

という
スチームクリーナー購入前派と

 

実際にスチームクリーナーを購入したけど使い方や汚れの取り方を知りたいという
スチームクリーナー体験後の方
にわかれると思います。

 

ここのページは、どちらかと言うと購入した人が、

  • 購入してみて、今ひとつ使い方がわからない。
  • 汚れがあまりCMのように取れないんだけど。
  • 思っていたより、綺麗にならない。

と感じた場合に、参考にしていただければと思います。

 

 

逆に
もしあなたが今から、初めてスチームクリーナーを購入しようかな?と考えているのであれば

 

おそらく以下の様なことでお困りではないのでしょうか?

 

 

  • 購入したあと、汚れが取れるのかどうか?
  • ネットで見ていると、いろんな情報の中で、役に立っていないという感想がある
  • 購入後、使いこなせるのか?
  • 知り合いが便利だと言ってたけど、どうなの?
  • 安くていいから試しに使ってみたい
  • 長く使いたいから、いいものを教えて欲しい

 

そういった方は
スチームクリーナーとは?からもチェックしてもらえればと思います。

 

 

では、スチームクリーナーを使いこなしてみたいというあなたへヒントをお伝えします。

 

 

 

スチームクリーナーを持っているけど、いまいち使いこなせていないあなたへ

 

スチームクリーナーは素晴らしい掃除道具です。
しかしネット上で、役に立たないという感じのレビューをちらほら見かけていたので、気になっていました。

 

こんなところで、つぶやいてもあまり意味が無いのかもしれませんが、少しだけお話できればと思い書いてみました。

 

結論を言うと、スチームクリーナーは、少し他の掃除道具よりコツが入ります。慣れれば全く問題はないです。

 

 

汚れを拭き取る必要がある

 

高圧洗浄機のように、外壁の苔が皮を剥いたように一発で除去できる。。あれを想像してるとがっかりするかもしれません。

 

水で洗い流す洗浄機(高圧洗浄機)の場合、取れた汚れが水によって他の場所に移動します。
なのでその掃除した部分は綺麗になったと確認できます。

 

しかしスチームクリーナーの場合、蒸気でこびりついた汚れを浮かすのが仕事です。
浮いた汚れがその部分にとどまっているので、その油汚れなどを、やわらかいうちに布などで集める(拭き取る)必要があるのです。
※仮に流れるように水量を増やした機械を開発したとしましょう。お湯の温度が下がったり、部屋中が水浸しになってしまうので、実用的ではなくなってしまいます。

 

それと、ノズルによっては、吹き飛ばすタイプのものがあって、汚れがたくさんあるのに室内でこれを使うと、汚れはとれていてもあちこちに飛んでスッキリした感じがしない。
ということになってしまします。
この時は、噴射する反対方向でタオルで汚れを受け止めて、飛散しないようにすればスムーズに綺麗にできます。

 

 

熱をいかに汚れに作用させるかが大切

 

あと汚れを拭き取る以前に、汚れが浮かなくては話しになりません。

 

キッチンや家庭内の汚れは、色々種類があって、熱をいかに有効に作用させるかが大切です。

 

ようするに熱を、汚れに浸透しやすくすれば、いいのです。

 

  • ブラシで擦って熱が入りやすいようにするか?
  • 取れた汚れを布パットに移すタイミングなのか?
  • 蒸気だけで十分落とせる汚れなのか?
  • 少し洗剤などを併用したほうがいいのか?
  • 汚れを取る目的が中心ではなく、除菌が目的なのか?
  • 前もって汚れを何らかの形で浮かしておく必要があるのか?
  • スチームでは、除去できない汚れなのか?

 

そういったことが、何度も使っていくうちにわかってきます。最初はわからないから時間がかかるのです。

 

「スチームクリーナーは熱だけで汚れが取れる。だから環境にやさしい」という
謳い文句を聞いたことがある方も多いと思います。
洗剤を使わないから、ナチュラルなお掃除が出来る。

 

もちろん聞こえはいいです。
でも、実際使っていると中には取れにくい汚れが出てきます。

 

 

でも、日頃のお掃除で使っている方は、まず不満は出てきません。
通販のいろんなレビューなどを見ていると、普段使いで使っている方は、概ね満足しています。
大掃除で、コテコテのところをぶっつけ本番で使う方ほど、使えない!という感想になることが多いです。

 

普段使いの方は、汚れがひどくならないようにメンテナンスおよび除菌感覚で使っているため、ひどい汚れを取る期待はそれほどないからでしょう。
しかし大掃除となると、どうしようもなくなった状況なので、機械に頼る割合が高い、余計な期待とふだんから使い慣れていないため、きれいにできずにストレスや不満につながる。
そういったことだと思います。

 

 

洗剤は使わなくてもきれいになると思っていたのに

「洗剤を使わないで汚れが取れると思っていたんですけど」
という感想を耳にします。

 

はい確かに、大半の汚れ・油は熱で浮きます。
ただ物理的に金属ブラシでこすったり、洗剤を併用したりすれば、作業が早いのも事実です。

 

とくに最終的な、仕上げの時のベタつきや、使ったブラシが油の塊でダマになったという方もいらっしゃると思います。
残った油の量が許容範囲を超えるとどうしてもすっきり感が得られません。

 

もしあなたの手に、サラダ油やごま油を一滴落として、お湯で洗い流して、すばやくベタつきが無くなるでしょうか?
やはり石鹸や洗剤で洗い流すのではないでしょうか?
温度が高いだけでは油は、水分に溶けにくいです。
界面活性剤(洗剤)を与えることで油と水分が混ざり合い汚れが落ちやすくなります。
そして、スチームによって対象物の温度を上げることによって、その効果を最大限に引き出すことが可能なのです。

 

 


私がよく使う花王のキュキュット、他にも旭化成のドイツ生まれのフロッシュなども使います。

 

 

とくに、おおまかな汚れをお湯だけで除去して、最後の仕上げに少しだけ中性洗剤を垂らしてみてください。
最初から強い洗剤を使用することはありません。
最後に残ったベタつきが、一瞬で浮いて拭き取りやすくなります。

 

ぶっつけ本番ではなく、日頃からいろんな汚れを取ってみる

 

スチームクリーナーでいったん汚れを取って、日頃、綺麗さを保つために、そのつどの普段掃除に使うのがベストです。
ひどい汚れは合わせ技でないと、時間がかかります。

 

汚れを見て、お湯だけで可能なのか、ちょっと洗剤や道具と併用したほうがいいのか?
わかるくらいになれば、スチームクリーナーはかなり有効です。

 

そういった説明を、短時間のメーカーのTVCM の中での説明は難しいでしょう。
でもCMの説明だけで判断して使えば、すぐ汚れが簡単になくなってしまうと思ってしまいます。

 

汚れが落ち始めるタイミングとか、スチーム当てて油が固まり始める状況とか
冬と夏でも使い方が微妙に変わってきます。
油や汚れは、気温や湿度などによっても、取れやすくなったり取れにくくなったりします。

 

とくに大掃除の時期のあとなど、一回使ってみて押し入れに入れたままになっているとか
スチームクリーナーの出番がないという方は、考え方を変えてみてください。

 

大掃除のときに、取り出してきて、今まで手付かずだった汚れを一掃しようと思っても、汚れの取り方を知らないばっかりに、手間ばかりかかって、「スチームクリーナーはだめ!」
ということになってしまいます。
ぶっつけ本番では、きれいになるものも、スムーズにいかないと思います。

 

 

普段使いのぞうきんやバケツと同じように、きれいさを保つために常に使う掃除道具として使ってみるといいと思います。

 

なので、あまり掃除が好きではない人ほど、使ってみて欲しい道具なんです。
普段使いにすれば、大掃除の時いつもの様に大変な思いをしなくてすみます。

 

もし、一回使って収納に眠っているスチームクリーナーがありましたら、いつでもすぐ使える使いやすい場所に移動してみてくださいね。
どのメーカーでも、使い方は同じです。

 

 

 

スチームクリーナーを使った感想と使い方

 

コンロや換気扇の掃除は、大変です。
やろうやろうと思いながら、ついつい先延ばしになって、放置状態。
忙しいから出来なかったが口癖のあなた。。
日頃から、キッチンの拭き掃除をマメに行いましょう。

 

そしてどうしようもなくなったら、スチームクリーナーの出番です。

 

でも実際やってみると、なかなかすっきりしないことがあるんです。
油汚れが多いと油がブラシに絡みついてだんごのようになってしまう。
という意見もチラホラ。

 

どんな汚れでも、スチームを噴射して、スパッと綺麗にできるのか?
残念ながら、長年固着した汚れは、段階的に取る必要があるかもしれません。

 

かなりひどい汚れでも、スチームでびっくりするくらい効率よく汚れが取れる場合もあります。
でも対象面の温度を気にしながら、こする時間と拭き取る(汚れを回収する)タイミングが必要な場合もあります。

 

 

スチームクリーナーって基本はスチームだけで汚れを取るんですけど、汚れがひどくなってくると取れにくいな?と思う状況があるかもしれません。
そういった場合は、中性洗剤・洗濯洗剤・アルカリ洗剤や重曹・クエン酸などと併用してみることをおすすめします。

 

では、箇所ごとに使い方を書いてみますね。

 

 

 

スチームクリーナーで汚れを取るコツ

 


固まってだんご状態になったノズル。こうなってしまうと、このままこすり続けても、汚れは取れない。

 

お湯だけで除菌しながら汚れを取ることができるというのが、スチームクリーナーのメリットなんですが、洗剤分を少し加えるだけで、汚れの分子が引き離されて、熱が浸透しやすくなり、よごれが浮きやすくなります。

 

「でもスチームクリーナーって、蒸気だけで汚れをスパッっととるイメージが先行しているので、洗剤なんて!」と思うかたも多いのではないでしょうか?

 

「それなら結局、手作業で洗剤かけて拭けばいいじゃん。」
なんて思いますよね。

 

よくわかります。でもせっかくですから、こんな方法もあるんだな?と参考にしてみてください。
状況によって洗剤を使うとかなり楽になります。

 

 

 

洗剤や重曹などを併用すると、反応が早くなり汚れ落ちがかなり変わってきます

 

 

五徳の周囲とかタイルの壁などの油を効率よく取る方法としては、

 

少し、中性洗剤(キュキュット・フロッシュなど)の希釈液をスプレーに作っておき、汚れの上からスプレー散布。
しばらく時間を置いてから、スチームを当てます。

 

今流行のセスキ炭酸ソーダ 1kgの希釈液でもいいです。
セスキは、重曹よりアルカリ分が強いので、中性洗剤で取りにくい油汚れなどに、効果的です。

 

汚ればかりに当てるのではなく、周囲の汚れが付いている箇所に噴射し、汚れが付着している対象面の表面温度を上げてみる。

 

油と汚れが浮いてくるので、ブラシの場合片手に持ったタオルなどで、浮いた汚れを拭き取る。
布パットやイボイボのマイクロファイバーパットの場合は、浮いた汚れをパット側に移して拭き取っていく。
パットの場合は、何個か用意しておいたり、途中でゆすいできれいな状態で常に拭き取るようにする。

 

汚れがひどい場合、最初は動画のように、ブラシで円を描くように鉄板などを温めるようにゆっくり動かし、汚れをゆるめたあと布パットに交換して、スチームを出しながら拭き取るか、片手にタオルを持って拭っていく。

 

最初のブラシの時、油がブラシにまとわりついて、取れにくい場合は、ステンレスたわしをブラシに巻きつけ、中性洗剤を散布しながら擦ってみる(※ステンレスたわしは強力なので、傷になる場合があるので、塗装が弱い場所や鏡面で艶のある表面のものなどのところでは、事前にテストして行って下さい)

 

お湯で薄めた洗剤(マジックリンなど)を小さなバケツや入れ物に入れておき、油がブラシにまとわりついて固まった場合、適度にブラシ先端をバケツで濯ぐとブラシ先端がが復活するのと、ブラシ先端に洗剤が付くので掃除箇所の油が取れやすく、便利です。

 


私は、中性洗剤ならフロッシュもよく使います。

 


フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ 500mL

 

 

洗剤はあまり使いたくないという時は、重曹を対象物の表面にふりかけ、スチームクリーナーで擦ってみる。
重曹の研磨力(クレンザーの役目をします)と熱とアルカリ分で汚れを浮かすことができます。

 

 

私の場合、重曹より少しアルカリ分が強いセスキ炭酸ソーダを使うこともあります。

 

   

 

 

水500mlに小さじ2杯をよく溶かして使います。
汚れの酷い場合浸け置きでも使えます。

 


セスキ炭酸ソーダ 1kg

 

蒸気だけで汚れ落ちが不満な方は、試してみてくださいね。

 

このような五徳の汚れも手強いです。
これは、ケルヒャーのオプションのターボ(振動)ノズルで、五徳を擦ってみたところです。

 

 

先端がブルブル震えるので、手で揺らすより汚れ落ちが早いです。

 

先端は真鍮ブラシで行っていますが、それでも割と何度もこすっていますよね。
こびりついた汚れは、やはり大変です。

 

重曹とクエン酸

 

セスキの代わりに、重曹を使うこともあります。
アルカリのPHはセスキより弱くなりますが、粒子が荒く、研磨作用が強いです。
クレンザーのような効果を求めるなら、重曹も使えます。

 

 

あと、蛇口の周りとか、トイレの手洗いタンクの水栓周囲の白いカルシウム汚れには、水道水の中に含まれるケイ素や石灰分などの成分が、鏡の表面で乾燥し堆積、その上にシャンプーや皮脂、浴室用洗剤などがこびりついて形成されたものです。
ダイヤモンドで削り取るのが有効な方法ですが、ざらついたシンクなどでは、くぼんだ部分の研磨が完璧にできない場合もあります。
なので、クエン酸を蛇口周りにふりかけてスチームで擦ってみてください。
酸の効果で水道水の中のカルシウム分が固まった汚れが徐々に溶けていきます。
ただひどいうろこ状の汚れになると、クエン酸の効果も効かない場合があります。
取れにくくなる前にふだんから、スチームとクエン酸で手入れするのが理想です。

 

 

汚れは対象面が冷めないうちに、何らかの形で回収する

 

さて、汚れを浮かせるためには、ちょっとしたコツがいるとお話しましたが
その浮いた汚れを、その場から別の場所へ移す必要があります。

 

現状の家庭用スチームクリーナーの機能では、熱によって浮いた汚れを、洗い流すだけの水量を持った機種はありません。
スチームで汚れを浮かせて浮いた汚れを、布などで拭き取らないといけません。
またもし、洗い流すことが出来る機能を持った機種が出たとしても、一般の家庭ではすぐ水浸しになってしまうので、濯いだ水を回収するバキューム(水分を吸える掃除機)機能もなければ、実用化されないでしょう。

 

今までの説明で、重要な部分として、浮いた汚れは、対象面の温度が冷めないうちに何らかの方法で汚れを回収するということです。

  • タオルに柔らかくなった油を移し取っていく方法
  • 汚れがひどく蓄積している場合、ヘラなどですくい上げる
  • 付属のハンディーノズルの布に汚れを吸着させる
  • 汚れを吹き飛ばして移動させる/li>

 

 

などの作業が必要です。

 

私の場合、汚れが酷いところを掃除する場合は、各社に付属のハンディー用の布パットも使いますが、ブラシとタオルで、常にきれいなタオル面に付着させるほうが早い気がします。
個人的には、吹き飛ばす方法は好きではないです。
なかなかきれいにならないからです。

 

この動画で見るとよく解るのですが、スチームだけだと汚れが飛ばされるだけで、きれいになった気がしません。
普段取れにくい、角や隙間の汚れを熱で浮かせて、拭きとっていく作業が必要です。
または、水が流せるなら、浮いた汚れをベランダ側に洗い流しましょう。

 

 

 

ハンディー用の布パットは、汚れを拭き取ることで、すぐ汚れるので、頻繁に濯ぐか、交換用の換えが必要になってきます。

 

 

なので、布パットで行いたいという方は、各社ともハンディーノズル用の布のカバーパットが消耗品で売っていますので、本体購入時に予備で多めに購入しておくことをおすすめします。

 

 

 

油のベタつきがなかなかすっきりしない時は?

 

お湯や高温の蒸気だけでは、油があちこちに再付着(一旦集めた油がまた対象面に戻ってしまい、なかなかベタつきが減らない)してしまうことも多いです。
拭き取るタイミングが遅くなった場合なども取れにくくなります。
その場合は、少し洗剤の界面活性剤を追加して見ると、スチームの熱と相まって急激に汚れ落ちが良くなります。

 

変に、油汚れ洗剤を使わなくても、中性のチャーミーグリーンやキュキュットなどの食器用洗剤を5倍希釈したスプレーをスチーム洗浄用に用意しておき、普段使いにしておけば、日々のスチームでの除菌やお手入れが格段に楽になります。
洗剤も一回かけて終わりではなく、スチームをかければかけるほど希釈されて効果が薄くなるので、適度なタイミング(汚れが再付着してきたなと思ったら)洗剤を追加散布してスチームを当て、拭き取ります。
片手に洗剤を持ちながら、同時にもう一方でスチームクリーナーを噴射し交互に行って落としていくこともあります。

 

中性洗剤の希釈液でも汚れ落ちが悪い場合は、マジックリンや
アイリスオーヤマのスチームクリーナー専用のアルカリ洗剤

 


アイリスオーヤマ スチームクリーナー 油汚れ用洗剤STMP-017

 

なども使ってみるといいと思います。

 

 

汚れが軽い場合は、スチームで十分綺麗さを保つことができます。
もちろん拭き掃除だけでは不可能な除菌も同時に可能です。

 

一旦こびりついて層になってくると(焼きつきなど)なかなかスチームでも困難になってきます。
一度、徹底的に汚れを取り去ることは重要です。

 

その後はスチームだけで簡単にお掃除できます。

 

スチームクリーナーは役に立たないなと思っていた方は、少し参考にしてみてください。
どうしても最初は、大変かもしれませんが、スチームクリーナーのできること、できないことがはっきりすれば、おのずとどの箇所で、どんなタイミングで使うと便利なのか?わかってくるのではないでしょうか?
掃除があまり好きではないという方も多いと思います。

 

そういった方が普段掃除を抵抗なく行えるようになるきっかけづくりとして
日々のコンロ周りの壁面などのお手入れ手段として、スチームクリーナーを使ってみるのもいいかもしれません。

 

こちらも参考にしてみてください。

 

 

購入後の使いかたのヒント